印鑑

ある日、仕事で請求書を見ていて、そこに押されている印鑑に目を魅かれました。
そして、自分も「銀行印を作ろう」と思い立ちました
20年ほど前に、車を買うのに、印鑑登録するためにパパママが作ってくれた印があって、その後、それを銀行印に使ったりしてました。が、それは『姓の縦(上から下)』の一般的なものです。
今回いろいろ調べて、「運が上がるような印鑑が欲しいな」と思いました
初めは、『ローズクオーツで作られた印鑑は女性に人気で開運する』とかを見て、ママに「3〜4万くらいするねんけどどう思う?」って相談すると、「そんな、詐欺まがいのは辞めなさい」と言われ、少し目が覚めました
その後も色々調べると、別にすべてが詐欺まがいなのではなく、印鑑の材質で金額が決まって、その材料代に彫り代が含まれる感じ。(ローズクオーツは石代が高いようです)

まぁ、それは置いておいて、今回自分が調べて、こだわったことは
1.『名で横書き(右から左』にすること。
つまり、『山田花子』さんなら『子花』で作ること。
2.『印相体』という書体にすること。
3.印の縁八方に意味があること。
などの、にわかに得た情報を持って、とりあえず話だけでも聞きに…と思って阪神百貨店の印鑑売り場へ行ってみました。
ネットで注文出来て、校正を確認できるお店もあるのですが、私の一文字がちょっと相談したい文字な事もあって、ネット注文は辞めました。

お店の方のお話で分かったことは、先ほども書いた様に、材質で値段が変わること。
例えば阪神百貨店では 柘植4000- 黒水牛7700- 白水牛15000- 象牙30000- (およそで税別)といった感じ。それに彫り賃は含まれます。
八方にこだわったりする場合は別に鑑定料が印鑑代に含まれていて、値段が変わるが材質は同じもの。

なので、お店の方いわく、鑑定までして欲しいというこだわりが無ければ普通で良いのではないか?
校正を見て修正依頼は出来る。とのことだったので、普通でお願いすることにしました。

材質は、ネットで調べていた生まれ年から『黒水牛』か『白水牛』が良いとの事を信じて、予算的に『黒水牛』で
そして、相談したかった文字は「一番難しい文字でもある」とのことで校正を見せてもらうことに。

そして待つこと1週間。校正が上がって来てFAXで受け取ると、思っていた以上に可愛くてびっくり
すぐに、気に入った事をお店の方に告げ、細かい修正を2個所依頼をしました。
快諾で、「次の校正確認は要らない」とお願いすると、「予定より早く出来ました」と3日後に連絡を頂き、取って来ました。
出来上がりの印を見ると、お願いしたとおりに出来上がっていてスゴイ素敵な印鑑になっていました
お店の方も「(校正を)見てもらってよかったです。良いのが出来ました」と言ってくださいました。
ここでお見せできないのが残念・・・
ただ、縁がスゴイ細くて「欠けてしまうのでは?」と心配

この印を印鑑登録変更するかは決めていませんが、銀行印にするつもりなので、近々、変更に行ってきます楽しみです

ちなみに、そのほか、私がネットで得た情報は、水晶で印を作ると良くないらしく、天然石も同じという情報もあったので、ローズクオーツは諦めました。もちろん予算的にも…。でも、やっぱり、見るたびに「可愛いなぁ」と思います。迷信?に惑わされず、予算に余裕のある方でローズクオーツで印鑑を作られた方は是非みせてくださいね
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴちと=姉

Author:ぴちと=姉
手作り好きです。
洋裁はもちろん、
パン作りが趣味^v^。
CUBに乗ってます♪

最新コメント
リンク
Flashカレンダー
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
QRコード
QRコード